HH040

 

 

金銭以外の「財産」での出資は、「現物出資」と呼ばれます(会社法28、199)。
今回は、この現物出資の「税務処理」の概要をお伝えします。
次回は、具体例を用いて、仕訳を検討する予定です。



 

1. 個人と法人で処理は違う?

現物出資の税務処理は、現物出資を行う側が「個人」か?「法人」か?で異なります。
個人の場合、常に時価での譲渡となりますが、法人の場合は、「税制適格現物出資」か「税制非適格現物出資」かで、譲渡価格の取扱いが分かれます。
(法62の4①②、法22)。
 

まとめると以下の通り。
 

現物出資を行う方 現物出資した側 現物出資を受けた側
個人 時価譲渡
法人 適格or非適格かの違いにより、譲渡価額の取扱いが異なる。



 

2. 法人の場合の取扱い

法人の場合、現物出資を行った法人は、原則として時価で譲渡したものとされ、時価簿価差額につき「譲渡損益」が発生します(受入側は時価で受入)。
(法62条の4)
ただし、「適格現物出資」に該当する場合は、簿価で譲渡したものとされ、「譲渡損益の繰延」が認められます。
 

一方、被現物出資法人(現物出資を受け入れた方)は、現物出資直前の帳簿価額で受け入れます(取得に要した費用は加算)。
 

まとめると以下の通り。

 

適格or非適格 現物出資を行った側 現物出資を受け入れた側
適格 移転資産・負債は簿価による譲渡
課税の繰延
帳簿価額による受け入れ
非適格 移転資産・負債は時価による譲渡
譲渡損益が発生(※)
時価による受け入れ

(※)ただし、100%グループ内での現物出資の場合は、グループ法人税制の適用により、結果的に「課税が繰り延べ」られます。



 

3. 適格現物出資の要件

要件は、「適格会社分割」の場合と全く同じです(法2①十二の十四)。
詳しくは会社分割のブログをご参照ください。

 

持分割合 株式
交付
持分
継続
資産負債引継 従業員
引継
事業
継続
事業関連性 規模or
役員
株式継続保有
企業グループ内分割 (100%) 100% × × × × × ×
(50%超
100%未満)
50%超
100%未満
× × ×
共同事業のための分割 (50%以下)



 

4. ご参考~設立現物出資の「完全支配関係」

「法人設立」による現物出資の場合、現物出資前は、そもそも「完全支配関係がない」ことから、「完全支配関係の判定」につき、別途規定されています(法施令4の3⑬)。
設立の場合の「完全支配関係」の判定は、以下のとおりです。

 

単独新設現物出資
(1の法人のみが現物出資法人となるもの)
  • 現物出資に、当該現物出資法人と被現物出資法人との間に、当事者間の支配関係又は同一の者による支配関係が継続することが見込まれている場合
複数新設現物出資
  • 現物出資後に、当該現物出資法人と被現物出資法人との間に、当事者間の支配関係又は同一の者による支配関係が継続することが見込まれている場合
  • 現物出資に、当該現物出資法人と被現物出資法人との間に、当事者間の支配関係又は同一の者による支配関係が継続することが見込まれている場合



 

5. 消費税の取扱い

法人の「適格現物出資」の場合、法人税上は、帳簿価格による移転となり、「譲渡損益」は計上されません。
一方、消費税上は、適格・非適格に関わらず、資産の譲渡等に類する行為として、通常通りの「課税取引」の判定を行います(消費税法2条1項8号)。
 
例えば、現物出資財産が「棚卸資産等」の場合は、「課税取引」に該当しますが、「土地」の場合は、「非課税取引」に該当するといった感じです。
法人税と消費税で、取り扱いが別に規定されている点、非常に注意です。
 
また、「課税標準」にも注意しましょう。
適格現物出資に該当する場合でも、消費税課税標準は、簿価ではなく時価となります(消施令45条第2項③)。

 

現物出資対象資産 消費税の取り扱い 留意事項
棚卸資産・建物など 課税取引 「税抜処理」をしている場合は、法人税と消費税の取扱いが異なるため、仕訳に留意する。
土地など 非課税取引 現物出資を行う側は、「課税売上割合」に影響する。
有価証券・金銭債権 譲渡対価の5%が非課税取引となる 現物出資を行う側は、課税売上割合に影響する

 
次回は、現物出資の会計処理の具体例を作成します。



 

6. 参照URL

(現物出資の場合の課税標準)

https://www.nta.go.jp/law/shitsugi/shohi/14/02.htm
 

(複数新設現物出資)法人税施行令4の3⑬

http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=340CO0000000097

 

<< 前の記事「現物出資の税務処理と消費税 その2(具体例)」次の記事「連結納税制度下での寄付金調整」 >>