wm4ltm„0)nÉlÅeLˆ0·0ç0Ã0Ô0ó0°00ߘSS·0ü0ó0j0i0Lˆ}iK0‰0

自社株は、本来は実際に経営を引き継ぐ人が全額相続できるのがベストです。
ただ、実際には、遺産分割等で、すべての株式を後継者が取得できないケースもあります。
そうなると、後継者は、他の株主からの口出し等により、将来苦労するかもしれません。
事業承継には、安定株主を確保するという観点も大切となります。

 

1.無議決権株式の活用

無議決権株式は、名前の通り議決権のない株式で、会社法上発行が認められています。
例えば、議決権のある株式は後継者が引きつぎ、議決権のない株式は、他の方が引き継ぐと、後継者が経営権を確保できますので、経営が安定します。
 

2.投資育成会社、従業員持株会の活用

安定株主確保という点で有効な手段です。詳細は、現時点の株価を低く抑えるためには?をご参照ください。
 
<< 前の記事「事業承継における資金繰り対策」次の記事「特殊な会社の株式評価」 >>