wm4ltm„0)nÉlÅeLˆ0·0ç0Ã0Ô0ó0°00ߘSS·0ü0ó0j0i0Lˆ}iK0‰0

 

1.相続時精算課税制度とは?

相続時精算課税制度とは、60歳以上の親から20歳以上の子や孫への贈与につき、2,500万円まで非課税という制度です。


2.特徴

あくまで相続税の前払制度で、相続時には他の相続財産と合わせて精算されますので、トータルで税率が安くなるという制度ではありません。
(110万の「暦年贈与非課税枠」と違う点)
 

3.メリットとデメリット

メリット デメリット
  • 2,500万円までは税金がかからない (2,500万超は、一律20%の税率)。
  • 相続時精算課税制度で相続時に加算する金額は、「贈与をした時の金額」
    ⇒不動産や自社株が今後上がると考えられる場合は、この制度で先に贈与をしておけば、贈与後に値上がりした分は相続税の対象にならないメリット。

  • 一度選択すると、その贈与者からの贈与は、暦年課税に戻せない
  • 暦年課税のような非課税枠はないため、贈与税としての節税効果はない。
  • 贈与財産は、相続時に小規模宅地等の特例が受けられない&物納もできない。

 
<< 前の記事「贈与税の納税猶予制度とは?」次の記事「事業承継における資金繰り対策>>