FM014

 

 

国際税務で重要な概念 「PE」。Permanent Establishmentの略称です。
日本語では「恒久的施設」と呼ばれます。
なぜ国際税務で「PE」が重要になるか?というと、PEがあるかないか?によって非居住者及び外国法人(以下、「非居住者等」といいます)の「課税関係」が決まるからです。

非居住者等は「国内源泉所得」のみが課税対象とされますが、「恒久的施設」を持たない非居住者等の事業所得に関しては、「課税されない」ことになっています。


 

1. PEって?PEがあるとどうなるの?

支店・工場・その他「事業を行う一定の場所」を指します。
この「PE」があれば、非居住者(or外国法人)でも現地で課税されます
逆に、PEがなければ、たとえ事業を行っていても現地で課税されることはありません。

(イメージ 日本の非居住者等)

 

201405_4-1

 


 

2. PEの範囲

国内法、租税条約・OECDモデル条約に規定があります。
国内法においては次の3つの形態に区分されています。
従来は、これらの区分に基づいて課税対象が決められていましたが、H26改正により、課税の論点上は、下記3区分の重要性はなくなりました。
(なお、PEの種類や定義は、H26改正によって変更はされていません)

 

種類 定義 含まれないもの
(1) 支店PE
(※1)
  • 工場や支店、出張所、事業所、事務所、倉庫業者の倉庫
  • 鉱山・採石場等天然資源を採取する場所
  • その他これに準ずる場所(ホテルの一室を事務所とする、展示即売場など)
  • 資産の購入・保管用途のみに使われる場所。
  • 事業遂行にあたり、補助的な活動のみに使用する場所(広告、宣伝、情報の提供、市場調査、基礎的研究等)
(2) 建設PE
  • 建設、据付け、組立て等の作業
  • 指揮監督の役務提供を1年を超えて行う場所
(3) 代理人PE
(※2)
非居住者のために、その事業に関し契約を結ぶ権限のある者で

  • 常にその権限を行使する者
  • 商品等の保管・顧客への引き渡しを行う者
  • 注文・協議等の重要な部分をする代理人等
  • 代理人等が事業に関わる業務を独立して行い、かつ、通常の方法により行う場合
  • 非居住者(依頼人)の収入に依存しない「独立代理人」(納税代理人など)。

 

(※1)販売を伴う場合は、PEとみなされる場合が多いです。
(※2)国外製造子会社が親会社の名前で「販売契約」を締結した場合、代理人PEとみなされる場合もあります。

恒久的施設の有無は、形式的ではなく「機能的な側面を重視」して判定を行います。
例えば、国税庁HPでは、事業活動の拠点となっているホテルの一室は、恒久的施設に該当しますが、「単なる製品の貯蔵庫」は恒久的施設に該当しないことが例示されています。

 

<< 前の記事「租税条約・OECDモデル条約とは?」次の記事「内国法人と外国法人って?」 >>