jf057


1.自己株式って何?

自己株式っていうのは、自分の会社の株式を自分で保有している株式のことをいいます。
金庫株ともいわれます。
「自社株買い」っていうのは、まさに「自己株式」を会社が取得することです。
 

2.自己株式を取得するのはどんな場合?


(1)オーナー社長が保有株式を資金化したいとき(非上場会社)

例えば、オーナー社長が保有する株式を資金化したい時、外部に売るわけにもいかないので、会社に売却して
(=自己株式の取得)資金を回収します。
 

(2)事業承継や組織再編の円滑化(非上場会社がメイン)

株主が分散してしまった株式を、一旦自社が買い取ることで株式を集約し、事業承継や、組織再編のための準備として取得します。
 

(3)株主還元策(上場会社)

自己株式の取得は、配当金と同様、株主還元策の一つとなります。
上場会社では自己株式を取得する企業が増えていますが、自己株式を取得することにより、株価は上昇します。
なぜなら、自己株式を取得するということは、「減資」つまり、発行済株式を減少させる効果があるからです。
(厳密には、自己株式を償却するまでは発行済株式、資本とも減少しませんが)

「自社株買いって何?」のところで、「自己株式を取得」した場合の株価への還元事例を記載していますので、こちらもご参考に。
 
<< 前の記事「みなし配当とは?」次の記事「自己株式を取得する際の制限は?」 >>