jf169


1.自己株式消却の手続

取締役会決議により、自己株式を消却することができます(会社法178)。
自己株式を消却する場合は、発行済株式総数が減少しますので、変更登記が必要となります。
(資本金や発行可能株式総数の減少はありませんので、定款変更株主総会決議は不要


2.自己株式売却の手続

自己株式の売却は、「新株発行」となりますので、「新株発行」同様の手続となります。

(1)株主割当(会社法202)

原則 株主総会特別決議
例外 公開会社または定款の定めがある場合は、取締役会決議


(2)第三者割当(会社法199~201条)

原則 株主総会特別決議
例外 公開会社が有利発行しない場合は、取締役会決議


3.自己株式売却と通常の新株発行との比較

自己株式の売却は、通常の新株発行と異なり、資本金を増加させずに済むので、
登録免許税の負担や発行済株式総数の変更はありません。
その結果、「登記」の変更もいりません。

<< 前の記事「自己株式の権利・保有の制限はあるの?」次の記事「自己株式取得の会計処理/税務処理」 >>