CA025


1. 学資保険って??

学資保険は、主に、「子供の教育費」を貯蓄するための保険です。

18歳ごろに満期が設定され、満期になれば「満期金額」を受け取れます。
また、「満期」以前に契約者が死亡した場合なども、その後の保険料支払は免除され、将来の「満期金が全額」受け取れます。

 

2. メリット・デメリット

学資保険って、子供ができたら必ず入らないといけないものなのでしょうか?
最近は、学資保険以外にもiDeCoジュニアNISAなど・・いろいろな商品が出てきていますので必ずしもそうともいえません。

メリットデメリットをまとめました。

メリット デメリット
  • 定期預金よりも返戻率が高い。
  • 掛け金は「生命保険料控除」、将来の返戻金は「一時所得」扱いになるため、税金が安くなる。
  • 子供が小さなときからこつこつと将来の教育資金を貯金できる。
  • 満期保険金が元本100%を下回る商品もあり。
    (医療保障が充実しているタイプ)
  • 途中で解約すると元本割れするため、短期的な資金運用には向かない。(長期的に資金が拘束される)
  • 保険会社が破綻した場合、預けた金額が減額される可能性もある。

上記に記載しませんでしたが、本当に一番怖いのは、「学資保険に入っているから大丈夫!」と安心してしまうことです。
教育費は、過去から右肩上がりの傾向にありますので、現在支払っている保険料は、将来のインフレまで想定した保険料ではありません。

つまり、「将来満期返戻金が入ってきたとしても、それで全額の学費がまかなえるものではない!」ということも、想定しておかなければいけません。

 

3. 払込期間は?

保険料の「払込期間」はいろいろ選択できますが、払込期間は長い方がお得です。
学資保険に限らず、すべての保険に共通しますが、早く払い込んだ分、保険会社で運用できる期間が長くなるので、一般的に返戻率等もよくなります。


4. 学資保険の受取人は?

学資保険の受取人は、通常は、契約者(親など)=受取人で設定する場合がほとんどです。
契約者以外を受取人にする場合は、「贈与税」がかかりますので注意です。(これはあとで説明しますね)

 

5. 税法上の恩典

ここでは、契約者=受取人の場合を前提にしますね。
この場合、契約者自身が支払った「保険料」に対する「返戻金」が、将来契約者本人に返還されます。


(1)毎年の所得控除

学資保険の支払は、毎年の所得控除の対象になります。
ただし、小規模企業共済iDeCoと異なり、「通常の生命保険料控除」となりますので、支払額全額ではなく、最大4万円or5万円の所得控除が上限となります。


(2)一時所得

学資保険は、一定年齢に達した場合や、満期を迎えた場合にまとまったお金を受け取りますが、これらは、「所得税の対象」になります。
ただし、「一時所得」扱いとなりますので、税金は、そこまで多くはかかりません。

返戻金等の税金=(返戻額-それまでに支払った保険料-特別控除50万円)×1/2

あくまで、所得税は「儲け」に対してかかりますので、それまで支払った保険料を控除できますし、加えて50万円の特別控除があります。

現実的には、他の一時所得がなければ、学資保険返戻金から生じる税金は、ほとんどないのではないでしょうか?

6. 学資保険と「教育費」「贈与税」との関係

親子や孫との関係では、「扶養義務」があるため・・
たとえ、教育費や生活費を子供のために支払ったとしても、「贈与税」はかからないことになっています。(相続の豆知識Q2参照)。

では・・学資保険はどうでしょう?
親や祖父などの立場から考えると、「学資保険も・・孫や子のために支払っているから扶養義務の範囲内だし~税金なんてかからないのでは?」
と考えてしまいまそうですね。

でも・・学資保険は、あくまで将来の教育費用のために、保険支払時点では「ためているお金」であって、その時点では「教育費」でもなんでもありません。
つまり、単純にプールしているお金なので、ご自身の「貯金」と同じように考えます。

ここで問題になるのが、「受取人」を子供などにした場合です。実際、満期等を迎えて、返戻金をもらった場合を考えてみますね。

契約者(親など)=受取人であれば、一時所得となります(5.(2)参照)

しかし、受取人が子供など、契約者以外の場合は?
普通に贈与税がかかります。

もちろん、学資保険とは関係なく、実際に教育費を支払った分は「扶養義務」で贈与税の対象とはなりません。
しかし、「学資保険」の払込額と返戻額との関係は、「扶養義務」とは全く関係ないと判断されるんですね。

親が支払った保険料の「受取人」が、支払者ではない「子」なので贈与税が発生します。

 

7. 祖父母が、孫に学資保険をかけたら?

通常、学資保険を掛ける場合の契約者等の関係は、こんな感じです。

契約者 被保険者 受取人

祖父母が、孫のためにかける場合は・・契約者等の関係はこんな感じが多いです。

契約者 被保険者 受取人
祖父母 親または子

 

契約者(支払者)が祖父母にもかからず、受取人が「親か子」なので、先ほどの例と同様、受取人に贈与税がかかってきます。
この点を考えずに契約される方が意外と多いです。

(返戻金等が、暦年贈与の範囲内(110万)なら贈与税非課税となりますが、学資保険の満期返戻金などは・・この「基準を超えるケース」が多いと思います。)

また、別の論点として、受取人を「お子さん」にする
⇒お子さんに満期保険金が入ってくる(=所得がでる)結果、
お子さんを泣く泣く「扶養家族」から外さないといけないケースがあり、ダブルパンチの恐れもありますので!
 
これを考えると・・契約者(=支払者)=受取人にしておくのが無難ですね!
 
でも・・そうはいっても、祖父母は、孫のために学資保険を掛けてあげたい!っていうニーズもあるのも確かです。
その場合は・・次の方法が無難だと思います。


8. 祖父母から子へ「暦年贈与」&子が孫の学資保険を支払う

祖父母が、どうしても「孫のために、学資保険を支払ってやりたい!」というニーズがあれば・・どうすればよいでしょうか?
祖父母が、「暦年贈与非課税枠110万円」の範囲内で、自分の子供に贈与を行い、子供名義で、孫の「学資保険」に入ればよいのです!

以下、例題。サザエさんに例えますね。


(1)祖父母が契約者の場合

波平さんが、自分を「契約者」として学資保険を支払い、「受取人」を、サザエさんやタラちゃんにすると・・?

学資1
⇒返戻金は110万を超える可能性が高いため、贈与税がかかる可能性があります

 

(2)祖父母から親へ「暦年贈与」&親が学資保険を支払う

波平さんは、毎年、「学資保険料保相当額」を、保険会社ではなく「サザエさん」に支払います。
サザエさんは、波平さんからもらったお金を原資に、学資保険の契約者となり、サザエさん自身を「受取人」として、毎年学資保険を支払います。
(被保険者は、もちろんタラちゃんです)。

学資2
この場合波平さんがサザエさんに支払う毎年の学資保険料相当額は、暦年贈与(年間110万円)の110万の範囲で収まる限り、贈与税はかかりません。
一方、学資保険の契約者は「サザエさん」なので、サザエさんが、タラちゃんのために「学資保険」を支払っているという普通の形になりますね。
 
実質のお金の出どころは「波平さん」という点で、波平さんは「タラちゃんのためにお金を使っている」という満足感があります。
 
なお、学資保険の契約者=受取人は、あくまで「サザエさん」なので、将来の満期保険金は、もちろん「サザエさん」に入ってきます(=一時所得)。
ここで税金がかかるんじゃないか?と思われる方もいると思います。

しかし・・サザエさんは、自分で払い込んだ過去の保険料や、一時所得の50万特別控除枠があるので、おそらく税金がかかることは少ないでしょう。
一件落着ですね!
 

9. ご参考~子供保険との違いは?~

子供保険は、「子供の医療保障を主目的に置いた商品」で、予備的に教育資金に備える商品です。
一方、学資保険は、「教育資金貯蓄を主目的に置いた商品」で、予備的に医療保障などがが備わる商品です。
つまり、全く逆の商品になります。ただし、最近は、どちらもいろいろな保障が充実していますので、あまり両者の区別はないかもしれません。

名称にとらわれることなく、保証や返戻率などを考慮して選択されるのがよいかと思います。
 
<< 前の記事「国内FXと海外FXの違い」次の記事「NISAとiDeCoの違い」 >>