CA008

2016年4月にスタートしました。イメージは、NISAの未成年バージョンですね。
19歳までの方も、年間80万まで非課税となる口座が開設できることになりました


1. NISAとジュニアNISAの違い

NISAとジュニアNISAの大きな違いは、対象年齢と非課税限度額です。
ジュニアNISAは、利用対象者は0歳から19歳の未成年が対象で、年間非課税限度額は80万円までとなります。

また、対象が未成年のため、18歳までは払出制限がある点も特徴です。

NISA ジュニアNISA
共通 2023年まで(※)
用途  制限なし(ジュニアNISAも教育目的に限られない)
非課税  運用利益、配当が非課税
運用対象  株式・投資信託等
非課税期間  最長5年間
対象年齢  20歳以上 19歳まで
(運用は親が代理)(※1)
投資額上限  1人年間120万まで  1人年間80万まで
払い出し  制限なし  18歳まで払い出し不可(※2)

(※1)20歳以降は、ジュニアNISAをNISAへ移行することも可能です。
なお、制度終了の2023年以降も、20歳に到達するまでは、「非課税口座の継続」は可能です。

(※2)途中で払い出す場合は、過去の利益に課税されます。

 

2. 贈与税との関係

よく勘違いされる論点なんですが、ジュニアNISA口座は、あくまでお子様名義です。
つまり、例えば、親が子供のジュニアNISA口座に入金すると、「贈与税」の対象となります
ジュニアNISAだからといって、贈与税が免除されるわけではありません。
 
ただし、暦年贈与の非課税枠(年間110万円)の範囲内であれば、税金はかかりません。
通常は、この範囲内に収まるはずですので、
他にも贈与されている場合には、合計110万という制約がある点、ご留意ください。
 
<< 前の記事「NISAとiDeCoの違い」次の記事「NISAって何?」 >>