EH015

 

 

売掛金等を現金化する方法として、「ファクタリング」というものがあります。
得意先からの入金を待たずに現金化できますので、
入金条件が長い場合などは、有効な資金調達手段となりますね。
イメージは、「手形の割引」に近い感じです。
 
今回は、「ファクタリング」の内容と、会計/税務処理をまとめます。
(ファクタリングには、買取型、保証型の2種類、
また、契約内容によって2者間、3者間ファクタリングがありますが、
「買取型」「3者間ファクタリング」に限定してお話します)



 

1. ファクタリングって?

 
売掛金や受取手形などの債権を、ファクタリング会社に売却するしくみです。
法形式は「債権の売却」となりますので、売掛金の回収リスクは「ファクタリング会社」に移転します。
建設業界、人材派遣業、在庫を保有する業界(アパレル、家具雑貨等)や、
入金サイトが長い介護・医療業界などで多く利用されています。
 

(イメージ図)

190123creabiz2_1
 
一般的に、銀行融資による資金調達では、審査に時間がかかりますが、
「ファクタリング」の場合、銀行融資に比べると、そこまで審査に時間はかかりません。
つまり・・時間をかけずに債権等を現金化したい場合には、非常に有効な手段です。



 

2. メリット・デメリット

 

メリット デメリット
  • 支払期日前に現金化できる。
    (銀行融資よりも圧倒的に早い)
  • 倒産リスクが抑えられる。
  • BSが健全化し、銀行信用度UP。
  • 手数料がかかる。
  • 3者間ファクタリングでは、売掛先企業の承諾が必要なため、先方に資金繰りが苦しい印象を与える場合がある。



 

3. 手形割引との違い

 

ファクタリング 手形
  • 法形式は「債権売却」のため、売掛先企業が破綻しても、保証義務はない。
    (ファクタリング会社にリスク移転)
  • 審査面は「債権の信頼性」が主な審査対象となるため、時間がかからない。
  • 手形振出元が破綻した場合には、割引会社に返済(保証)義務が生じる。
  • 審査面は、不渡を想定した保証能力の十分性が審査対象。赤字決算や債務超過の場合は、審査が通らない場合もある。



 

4. 会計処理/税務処理

 
ファクタリングを行った会社の仕訳は、以下の通りとなります。(手数料3%とする)

借方 貸方
得意先売上時 売掛金 1,080,000 売上(課税)
仮受消費税
1,000,000
80,000
ファクタリング
実行時
未収金
債権売却損(非課税)(※)
1,047,600
32,400
売掛金(非課税)(※) 1,080,000
入金時 現金 1,047,600 未収金(非課税)(※) 1,047,600

(※)

  • ファクタリング実行時に「債権売却損」の額が判明しない場合は、入金時に「債権売却損」を計上。
    表示区分は「営業外損失」となります。
  • ファクタリング取引は、「金銭債権の譲渡」に該当しますので、消費税は「非課税取引」となります。
  • ただし、ファクタリング取引は、消費税の課税売上割合の計算上、5%を考慮する必要はありません。
    (課税売上割合の計算上は、「金銭債権の譲渡」から除かれています)
  • 詳しくは、コチラをご参照ください。

 
実務上は、「債権売却額」を「非課税売上」認識すると、課税売上割合計算を間違える危険があるため、「対象外」で処理する方がわかりやすいかもしれません。
 

<< 前の記事「000」次の記事「機会損失・機会費用って何?」 >>