Archives for 国際税務等

国際税務等

N0248【わかりやすく】国外転出時課税制度とは?納税猶予や担保の種類は?非上場株式や法人保証もOK

  海外に住所を異動し、非居住者になるだけで所得税が課税される制度があります。「国外転出時時課税制度」と呼ばれます。株式等を1億円以上保有する方が国外に転出する際に、その「保有株式等」を売却したものとして「所得
続きを読む
国際税務等

No247 【非居住者の不動産収入】非居住者が国内不動産を譲渡・賃貸した場合の源泉所得税・確定申告・納税管理人/還付される場合は?

  日本国内に1年以上住所を有しない個人の方は「非居住者」と呼ばれます。こういった非居住者が、日本国内で不動産所得や譲渡所得がある場合、税金の課税関係はどうなるでしょうか? 例えば、日本国内で勤務していたが、海
続きを読む
国際税務等

No242.【免税店とは?】輸出物品販売場制度のしくみ/免税となる商品や非居住者の範囲

  輸出物品販売場とは、いわゆる「免税店」のことです。 輸出物品販売場制度とは、免税店を経営する課税事業者が、外国人旅行者等の非居住者に対して販売する場合に、消費税が免除される制度です。 輸出物品販売場には、①
続きを読む
国際税務等

No240.【わかりやすく】リバースチャージ方式の会計処理・仕訳は?電気通信利用役務の提供

  消費税の申告・納税は、消費税を預かった事業者(販売側)が行うことが原則となります。 しかし、例外的に、海外事業者から、国内事業者が「ネット広告配信等の役務の提供」を受ける場合、販売した海外事業者側ではなく、
続きを読む
国際税務等

No201.【海外入金】外国法人等から入金時に源泉徴収されるロイヤリティ・ソフトウェア使用料等の「外国税」会計処理

  例えば、海外からの配当やロイヤリティ・技術指導料などを「受け取る」場合、一定の金額が「源泉徴収」されている場合があります。 この、「海外から入金時に源泉徴収される税金」は、日本の所得税ではありません。 「外
続きを読む
国際税務等

NO200【海外支払ロイヤリティ】ライセンスフィー・ソフトウェア使用料・コンサルフィー(海外役務提供)に係る源泉徴収の可否

  外国法人等が日本で得た収益については、日本国内で課税されますが、課税漏れを防ぐ観点から、支払側の国内企業に、一定額を源泉徴収することが義務付けられています。 今回は、海外にロイヤリティ(ライセンスフィー・ソ
続きを読む
国際税務等

No174.【貿易・輸出業者必見】輸出免税の具体例としくみや疑問を完全解説!

  消費税は、「国内」で、「事業者」が行った資産の譲渡等が「課税対象」とされます。 資産の譲渡等には、サービスの提供なども含まれます。 ただし、「課税」と判断される取引でも、実際には「消費税がかからない取引」が
続きを読む
国際税務等

No173.【消費税内外判定】国内⇔海外をまたぐサービス提供にかかる消費税課税判断は?国内海外両方での提供は?

  消費税は、原則として、①国内において②事業者が事業として③対価を得て行う④資産の譲渡、資産の貸付け及びサービスの提供につき課税されます。 この点、海外に「サービス」を展開する企業の場合、消費税の課税対象とな
続きを読む