°e¿[oRýÃ_n0zz®d„0ؚdÓ0ë0¤’0-NÃ_k000j0h00‰0D02

 


1.ビットコインって?

ビットコイン(Bitcoin)って、ここ2,3年話題になっていますよね。今回は、この「ビットコイン」についてまとめました。
ビットコインというのは、簡単にいうと「インターネット上で使える仮想通貨」のことです。
インターネット上の「取引所」や「販売所」で購入し、店舗で、商品やサービスの購入に利用することができます。

%e3%83%93%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%b3

ビットコインの現在の時価総額は1兆円(約110億ドル)。
「仮想通貨市場」全体の約8割で、利用者は世界で1,300万人以上(日本では数十万人以上)と言われています。

日本の店舗では、2016年9月現在、約2,500の店舗で利用ができるそうです。
(去年の同時期より4倍増加)


2.仮想通貨って?

でも・・そもそも「仮想通貨」って何なんでしょう?
現金や電子マネー(楽天エディ、ICOKAなど)などとも、実はちょっと異なります。
「仮想」という名前の通り、「現金」のように、現物があるものでもありません。
電子マネーも、「仮想」っぽく見えますが、現金が形を変えたものにすぎず、「仮想」ではありません。

「仮想通貨」の大きな特徴は、次の3点です。


(1)発行責任者がいない


円やドルなどの「通貨」は、各国の政府が発行していますので(政府が支配する日本銀行など)、発行責任者は、最終的に「国」となります。
一方、ビットコインは発行責任者がいません(発行元は「プログラム」なんです)。


(2)絶対量が決まっている

「通貨」は、政府が決めれば、発行量を増やすことが可能ですが、ビットコインは「絶対量」が決まっていて、発行量を増やすことはできません。
金や銀などの「貴金属」と似ています
。貴金属は「資源」なので、当然、地球上にある上限が決まっている点、通貨と異なりますよね?
でも、これらの貴金属も「金融商品」として、1グラム何円という価値をつけて、取引されています。
ビットコインは・・これらの「貴金属」に近いイメージでよいと思います。


(3)世界中で使える

ビットコインは金や銀と同様、全世界で相場がありますので、国を超えて、世界中で使えます
円やドルは、使える国が決まっているのと違いますね。
逆に言うと、金や銀と同様、需要と供給で取引が成立していますので、「ビットコイン」の信用がなくなれば・・?
価値が「ゼロ」になる可能性もあります。


3.現金との比較

メリット デメリット
  • 世界中で使える
  • 送金手数料がほぼゼロ
  • 認知度が低いため、使えるサイトがまだまだ少ない(特に日本)
  • 現金と違って値動きがあり、価格が下落する可能性がある


4.どうやって使うの?


(1)財布を作る

まず、「財布(ウォレット)」と呼ばれるものを作ります。
ビットコインは現物ではなく電子データのため、「専用のビットコインウォレット(=お財布)」に残高を記録してためていきます。

具体的には、パソコンやスマホに、「ビットコインウォレット」をインストールします。
この「お財布」から、送金したり受け取ったりするんですね。
銀行等と異なり、24時間受取も支払も可能です。
無料で使えるものがほとんどです。


(2)ビットコインを買う

例えば、日本では有名どころとして、bitflyer・bitbank・zaifなどの「取引所」が、インターネット上にあります。
これらのサイトで「アカウント登録」して、ビットコインを購入します。

また、ピットコインを所有する人たちが集まる「サイト」で売買もできますね。
日本では、「東京ピットコイン会議」が有名ですね。


5.ビットコインは怪しい?

2014年に、ビットコインの取引所である「マウントゴックス」という会社が破たんしたニュースは、結構新聞でも取り沙汰されていましたね。
「マウントゴックス」は、ビットコインを盗まれて破たんしたということです。

ただし、この事件は、あくまで「取引所」の一つが破たんしただけで、「ピットコイン」の信頼性とは全く関係ありません。
貴金属やさんの一つが盗難でつぶれたからといって、「金」全体に信頼性が置けないか?という話は・・別問題ですよね?


6.投資対象?

ビットコインは、金融商品の一つですので、需給によって価値が増減します。
つまり、株と同じく、損したり利益がでたりするんですね。上手く投資すれば、資産運用として利用できます。


7.ビットコインに関する税金は?

%e3%83%94%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%b3

(1)消費税

財務省と金融庁は、ビットコインなどの仮想通貨を「貨幣」と位置付けました。
そして、購入や売却する際の消費税を、2017年春をめどになくす調整に入っています
仮想通貨をモノやサービスではなく、「支払手段」として明確に位置付けたということですね。
これによってビットコインを購入するハードルが下がるので、これからもっとビットコインの重要性が増してくるでしょうね。


1(2)所得税

ビットコインを売却した利益には、当然所得税等がかかります。ここは資源や株式等と全く同じですね。

<< 前の記事「減資の会計処理・税務処理/申告書の記載 1 無償減資」次の記事「自社株買いって何?」 >>