¨0Ã0Õ0§0ë0TX„0ñQËe€•0µ0°0é0À0Õ0¡0ß0ê0¢0j0i0n0tkòS„vú^ irh00Ñ0ê0û0ß0é0Î0û0Õ0£0ì0ó0Ä0§0j0i0;N‰ý^n0Wˆ&N’0ÎS2“0

 
グループ法人税制は、税金をかけずにグループ間での資産移動ができる制度です。ここに着目すれば、法人税節税にも活用できる可能性があります。

 

1.譲渡損益の繰延(個人・法人どちらが頂点でも可)

課税関係を生じさせることなく、資産の付け替えができる点が最大の特徴です。
例えば、黒字子会社が、将来値上がりしそうな資産等を、グループ内赤字子会社に譲渡することで、将来の法人税等の節税や、将来株価の上昇を抑えることが可能です。
逆に、グループ間売却で、損失等の付け替えができなくなる点は、注意が必要です。
 

2.寄付金課税(法人頂点の場合のみ)

例えば、赤字子会社から、グループ内の黒字子会社に無利息貸付を行えば、以下の仕訳となります。グループ全体での税金はゼロですが、個社で見た場合、所得が赤字法人から黒字法人に移動することになりますので、法人税の節税につながる可能性があります。

借方 貸方 摘要
赤字子会社 寄付金 100 受取利息 100 寄付金損金不算入、
受取利息課税(所得増)
黒字子会社 支払利息 100 受贈益 100 支払利息損金算入
受贈益益金不算入(所得減)
グループ全体 支払利息 100 受取利息 100 税額ゼロ

 
ただし、繰り返しになりますが、寄付金に関しては、「法人を頂点とした完全支配関係」の場合のみですので、注意しましょう。
個人の場合は、寄附金課税および受贈益課税が生じます(譲渡損益の繰延は可能です)。

 
<< 前の記事「グループ法人内取引の取扱い」次の記事「会社分割とは?」>>