¨0Ã0Õ0§0ë0TX„0ñQËe€•0µ0°0é0À0Õ0¡0ß0ê0¢0j0i0n0tkòS„vú^ irh00Ñ0ê0û0ß0é0Î0û0Õ0£0ì0ó0Ä0§0j0i0;N‰ý^n0Wˆ&N’0ÎS2“0


1.どんなもの?

株式移転は、株式交換に非常に似ています。
既存の会社が他の会社の株式を取得するスキームが株式交換、一方、既存の会社ではなく、新会社を設立して他の会社の株式を取得するスキームが株式移転です。

事業承継の場面で、将来の株価を抑えたい時などにもよく利用されます。

 

(イメージ図)

クレア社とビズ社は、それぞれ別々のオーナー(甲、乙)が保有する会社です。
甲、乙は、クレア社とビズ社を統合するために、新たに「クレアビズ社」を設立し、株式移転により、クレア社、ビズ社を新会社の傘下にいれます。
単純に、新会社(クレアビズ社)設立にあたっての払込を、金銭ではなく、各自(甲、乙)が保有するクレア社、ビズ社株(資産)で行うことで、支配関係が変わります。
その対価として、甲・乙はクレアビズ社の株式を取得します。

名称未設定-4


2.株式移転の特徴(株式交換とほぼ同じです)

  • 親子関係を創設するにあたって、通常は現金等の資金が必要であるが、株式移転の場合は、自社の株式を代価にすることができるため、新たな買収資金調達が不要。
  • 両社に資本関係が全く存在しなくても、100%子会社にして親子関係を創設することができる。
  • 会社の資産や事業の状況を変えることなく、支配関係だけを変更することができる。


3.適格株式移転(適格株式交換と一緒)

適格株式移転に該当する場合、株式を簿価により譲渡したものとして、譲渡損益の繰延が行われます。

4.適格株式移転の要件、税務処理まとめ

適格株式交換と基本的に同じですので、株式交換って何?をご参照ください。


5.株式移転の手続の流れ

適格株式交換と基本的に同じですので、株式交換って何?をご参照ください。
(ただし、株式移転の場合は、親会社は新設会社ですので、効力発生までの手続は、すべて完全子会社側での手続となります)

<< 前の記事「株式交換と会社分割の違い」次の記事「合併とは?」>>