就職や転職などの場合、社会保険は「入社日」から加入となりますが、「健康保険証」の発行には・・
10日~15日程度かかります。
 
もし、健康保険証が届くまでの間に、病院にかかった場合は・・
健康保険証がないので「自己負担」になるのでしょうか?
小さなお子様がいる場合などは、現実的にありえそうな問題ですね。


 

1. どういうケースが想定される?

  • 就職、転職、会社設立などの場合
  • 結婚により、配偶者が増加した場合
  • お子様誕生その他、扶養者が増加した場合


 

2. 健康保険証に代わるもの~「健康保険被保険者資格証明書」~

保険証が到着するまでに病院を利用した場合は、原則として、一旦全額自己負担で支払い、後日「保険負担分を請求」することになります。
ただし、保険証が届くまでの期間中、年金事務所で発行される「健康保険資格証明書」を取得しておけば、自己負担なく、保険証と同様の取り扱いがされます。
 
具体的には「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」を記載し、提出すれば、即日発行してくれますので、意外と便利です。
本人だけでなく、奥様やお子様分なども、一緒に申請することができます。
 
(健康保険被保険者資格証明書交付申請書)
191021creabiz_1

 

3. 提出先・必要書類

(1) 提出先

会社の所在地を管轄する「年金事務所」


 

(2) 必要書類

  • 健康保険被保険者資格証明書交付申請書(ネットでダウンロード可能)
  • 被保険者又は被保険者の「被保険者資格取得届」「被扶養者(異動)届」
  • 本人確認書類(運転免許所、マイナンバーカードなど)交付


 

(3) 注意事項

  • 郵送での申請も可能ですが、発行まで時間がかかるケースがあります。
  • 被保険者以外の方が申請する場合は、委任状が必要です。
  • 入社時や年末年始は、保険証が届くまで時間がかかるケースがあります。


 

4. 自分で記載できる?

健康保険被保険者資格証明書交付申請書は、事業主(会社)に記載してもらうほか、ご自身で記入して持参することも可能です。

(ご自身で記載する場合の注意事項)

  • 「事業所整理記号」と「事業所番号」は、会社から情報をもらう。
  • 「被保険者」はあなたご自身、「被扶養者」は、奥様やお子様の名前を記載します。
  • 資格取得年月日は、「就職した日(入社日)」となります。
  • 事業主氏名の箇所は、ご自身のお名前を記載し、ご自身の押印でOK。



 

5. 参照URL

(従業員に健康保険被保険者資格証明書を交付するときの手続き)
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha2/20131113.html

 

<< 前の記事「000」次の記事「キャリアアップ助成金 正社員化コースとは?」 >>